採用情報

社長メッセージ

 これは弊社の名刺や名札に添えられている、お客さまへ向けての企業メッセージです。
明るく、素直で、元気であること。そして感謝の心を大切にする。
弊社ではそのような人財を大切にしています。何故なら、仕事をする上で最も大切なことは「どのような考え方(心)」で仕事に臨むかに尽きる、と考えているからです。

「人生・仕事の結果=考え方×能力×熱意」

稲盛和夫氏が提唱されている人生の方程式です。ここでのポイントは、「能力」と「熱意」は「0~100」だけれど、「考え方」は「マイナス100~プラス100まである」ということ。
熱意と能力が仮に低かったとしても、考え方がプラスであれば、人生・仕事の結果はプラスになります。しかし、仮にどれだけ熱意と能力が高かったとしても、考え方がマイナスであれば、人生・仕事の結果は必ずマイナスになるのです。
考え方は、他者から強要されるものではありません。自分の意志ひとつで、いつでも、プラスにもマイナスにもなります。どこに行っても、何の仕事に携わっていても、常に「自分次第」です。そして、「どう働くか」が「どう生きるか」に繋がり、たった一度しかない自分の人生を築いていくのです。

 「はじめてのお客さまを、一生のお客さまに」という言葉があります。進学や就職、結婚、第二の人生のスタートなど、お客さまの人生の節目やライフステージでお仕事をさせていただく機会が多くあること、そして、一度ご縁をいただいたお客さまと、生涯にわたってお付き合いをさせていただけることが、私たちの仕事の魅力だと感じています。
そのためにも人財育成において、大切にしたいことが3つあります。

 一つ目は、プロフェッショナルとしての誇りを持ち、挑戦し続けること。 お客さまからお金をいただいている以上、プロとしての誇りを持ち、日々知識や専門性を深め、経験を積んでいかねばなりません。また、仕事は、自分自身との「対峙」にほかなりません。情熱と向上心を持ち、自らに挑戦し続ける。仕事に向かう姿勢が、人生を切り拓いていきます。

 二つ目は、「心(人間性)」を磨くこと。学歴社会という言葉は、とうの昔に去りました。21世紀は「心の時代」です。お客さまによいサービスを提供したいと考えた場合、提供する側の私たちの「心の在り方」が重要になります。どんなに能力が高くても、人の痛みや苦しみがわからないようであれば、本当の意味での「優秀な人間」とは言えません。お客さまの期待に、深く、応え続けていくためにも、人間力を磨き続けることが必要です。

 そして三つ目は、自律性を備えること。少子・高齢化社会、人口減少そしてAIやIOT等、環境が目まぐるしく変化する時代となりました。このような時代だからこそ、社会の一人ひとりが自律し、どのような環境下においても生き残る逞しい人財に育たなくてはなりません。「他人と過去は変えられない。変えられるのは、自分と未来だけ」と言われます。しかし自分が変わることで、必ず周りの環境も変化していきます。逆に、周囲や環境を言い訳にしていては、何も変わらないし、成長もありません。たくさんの人と出逢い、たくさんの景色を見、たくさんの経験を積んで自分の世界を拡げてください。そのことが、ひいては真にお客さまのお役に立つことに繋がります。人生は、たったの一度です。

 会社という舞台で、お客さまとの出逢いや仕事を通じ、のびやかに成長してください。人の成長が、企業の成長です。そして、ゆくゆくは会社だけでなく、「社会」や「地域」「業界」で必要とされる人財に育っていただきたいと願っています。

仕事は、人生を心豊かにできる素晴らしいものです。