生活快適サービス

生活快適サービス

「水の調べANESIS」

不動産中央情報センターでは、浄水器「水の調べANESIS」のレンタルサービスを行っています。
レンタルシステムならではのカートリッジ定期交換+本体完全保証システムでお客さまの快適サービスをサポートいたします。

デマンド倶楽部-浄水器「水の調べ」詳細はこちら

水道水は安心?

私たちが生きていく上で水は欠かすことのできない大切なものです。しかし私たちが毎日使っている水道水は、今や飲み水として最適とはいえなくなってきています。
浄水場で大量に投入される塩素は、消毒する目的には有効ですが、私たちの健康を考えると飲む前に取り除くのが一番です。塩素はご存じのとおり、お米や野菜のビタミンを破壊してしまいます。
また、全国の約850万世帯(全世帯の5分の1)には未だに水道管に鉛管が使用されており、水道管から溶け出す鉛に対する不安が高まっています。体内に入ると蓄積され、体外への排出も困難で、貧血や神経系統の障害を引き起こす原因にもなります。特に乳幼児や妊産婦にとっては、明らかに脳の成長を阻害する恐れがあるといわれています。
ほかにも、水道管や貯水タンクの老朽化による鉄サビをはじめとした様々な汚れが溶け出しており、人体に有害な影響を与えています。

北九州の塩素濃度

北九州市の残留塩素濃度は0.4~0.8ppm程度(冬期)と報告されています。
この値は1月~3月、つまり冬期の統計であり、夏期は菌が繁殖しやすくなるためさらに塩素濃度は高くなります。
法律で定められた基準値は0.1ppm以上ですから北九州市の塩素濃度は非常に高いことがわかります。

※他の地域の残留塩素濃度
  東京都港区:0.5~0.6ppm
  東京都世田谷区・目黒区:0.5~0.7ppm