最新の記事

カテゴリ

  • ミワログ
  • ニコブロ
  • ieログ
  • マンスリースタッフブログ
  • 賃貸管理実務研修日記
  • 採用担当からのたより
  • リンク集

オーナーさま向け情報

オーナー通信

濱村美和日記

更新日:2011年10月11日
(前号よりつづき)
前号はコチラ


僅かな期間でのボランティアでしたが、人生の中で二度とないだろうと思う位多くの出逢いがありました。

週末を利用してボランティアに参加するサラリーマン、ライフライン復旧の為に全国から駆けつけた人達、サークルで当番制で参加する学生、その中には土木や建築を勉強している学生も多くいました。

「お前が行って何の役に立つ」という親や教師の反対を押し切って来た高校性や、

「同じ国の人間として行って来た方がいい」という旦那さんの声に後押しされて参加したという主婦もいました。

「何か自分に出来ることがあれば」

一人ひとりのささやかな想いと行動力。
生きる上で本当に大切なものは何か、ということを問い続けられたような日々でした。


そして震災から10年が経過しようとしていたある日、一通の封筒が届きました。
差出人は神戸市役所。

「震災10年 神戸からの発信」事業、そして当時のボランティアに感謝を伝えたく、是非また神戸に来てもらいたいというお知らせでした。

(聞き手:経営戦略室/兒玉 喜通)