最新の記事

カテゴリ

  • ミワログ
  • ニコブロ
  • ieログ
  • マンスリースタッフブログ
  • 賃貸管理実務研修日記
  • 採用担当からのたより
  • リンク集

オーナーさま向け情報

オーナー通信

「ネットワーク88オーナーミーティング」北九州開催

更新日:2011年06月05日


 弊社は、不動産会社向け会員制コンサルティング会社「ネットワーク88(東京都:幸田昌則代表)」主催の勉強会(オーナーミーティング)に参加をしています。

 毎月東京で開催されていますが、年一回の地方開催地として北九州市が選ばれ、4月12日リーガロイヤルホテル小倉にて開催されました。

 当日は北海道から沖縄まで約60名の会員が集い、弊社からも多くの社員が勉強会に参加をいたしました。


オーナーミーティングの様子。



 翌日はオプションとして弊社本社見学、大英産業様のご協力による物件見学、門司港レトロ散策と北九州市を満喫していただきました。


 オーナーミーティングのテーマは『東日本大震災による市場への影響』。会員の中には自宅が半壊した、販売物件が津波に流されたという報告も有り、幸田代表による総括をご報告します。

①契約キャンセルやモデルルームへの来場が減るなど住宅購入の様子見が増加。
②一時避難者やマンスリーの問合せが増え賃貸需要は強まる傾向。
③建材・設備機器の不足による工事の停滞、建築コストの上昇。
④新耐震物件を希望するなど住宅の質への関心が高まる。
⑤外国人の国外退去、観光客の減少など風評被害から派生する損害増加。
⑥自粛ムードによる個人消費の低下。
⑦企業の生産活動が低迷し、倒産が増加。

 今回の大震災は東日本の広域に亘って、メーカー・漁業・農業等の生産活動に甚大な打撃を与えております。住宅・不動産業界においても、高層マンションの停電、地盤の液状化など様々な問題が浮上し、所有者にとっては資産を保有していく上での危機管理に対する重要性を再認識する契機になったと思います。
そして私達不動産業に従事する者は、今回の震災で得た教訓を今後の不動産の安定的な供給に生かせるよう努めて参ります。