最新の記事

カテゴリ

  • ミワログ
  • ニコブロ
  • ieログ
  • マンスリースタッフブログ
  • 賃貸管理実務研修日記
  • 採用担当からのたより
  • リンク集

オーナーさま向け情報

オーナー通信

更新料問題 —最高裁判決—

更新日:2011年09月06日

最高裁判所は7月15日、更新料特約が消費者契約法に照らして有効か無効かを争っていた3件の上告審について、「更新料は有効」との初判断を示し、これにより借り手側の敗訴が確定しました。

判決では更新料は賃料の補充ないし前払い金としての性格が認められるとして、契約書で更新料に関する明確な合意が成立している場合には、その金額が賃料などと比べて高額に過ぎるなどの特殊な事情がない限り、消費者の利益を一方的に害するとはいえないとして、消費者契約法違反ではなく、更新料は有効との判断を下しました。

7月12日の「敷引き」有効の最高裁判決に引き続き、今回も家主様に有利な判断がなされたことになります。
今後も、重要な判例や法律の施行・改正については、定期的にご報告させていただきます。