最新の記事

カテゴリ

  • ミワログ
  • ニコブロ
  • ieログ
  • マンスリースタッフブログ
  • 賃貸管理実務研修日記
  • 採用担当からのたより
  • リンク集

オーナーさま向け情報

オーナー通信

濱村美和 日記

更新日:2011年06月05日

 平成7年1月17日早朝、マグニチュード7・3の地震が兵庫の街を襲いました。
発生当初、数十人と言われていた被害者の数は、時間が経つにつれ何百人、何千人と急速に膨れ上がっていきました。
朝起きてテレビをつけた時に信じられないような長田町の火災光景が映し出されていました。
近隣の県に住む私の身を案じてすぐにかかってきた九州の母親からの電話は、間もなくして繋がらなくなりました。


 その日一日、翌日、翌々日もずっとテレビを見ていて、今居る自分の場所とブラウン管の向こう側の世界とのギャップは、一体何なんだろうと考えていました。
テレビのこちら側にいる私はご飯を食べいつもと変わらない日常を送っているのに、テレビの向こう側では、同じ列島の上にいながらも信じられないような光景が映し出されている。

 私が神戸へ行ったのは震災が発生して、1ヶ月が過ぎようとしていた頃でした。

* 今回の原稿についてはこのタイミングでの掲載を悩みました。
しかし阪神淡路大震災の中で教えていただいたことが何か一つでも次に繋がるかもしれないと考え掲載させていただきます。ご了承ください。

濱村 美和