最新の記事

カテゴリ

  • ミワログ
  • ニコブロ
  • ieログ
  • マンスリースタッフブログ
  • 賃貸管理実務研修日記
  • 採用担当からのたより
  • リンク集

オーナーさま向け情報

オーナー通信

山さんの相続サポート その33

更新日:2015年05月01日
前回は平成27年度の相続税の税制改正について解説いたしました。今回は贈与税改正のあらましについて触れたいと思います。
相続税は、大幅に増税となりましたが、それに反して贈与税は様々な特例が設けられるなど緩和措置が取られており、贈与をしやすい環境が作られたという印象を受けます。
これは、消費が少ない高齢世代から子育て世代などの本当にお金が必要な世代に財産を移転することで消費が回復し景気も良くなるという狙いもあるようですが、それをうまく活用し相続税対策を取ることをお勧めいたします。
具体的な特例としては「教育資金一括贈与の非課税制度」があり、本年度も継続が決定しました。制度の概要は直系尊属(両親・祖父母)から30歳未満の子供・孫に対する教育資金が1500万円まで非課税となる制度です。金融機関で管理することが必須条件になりますが、生前贈与によって相続財産を減らすことができ、相続税額の減少にもつながります。一定の手続き等は下記をご確認ください。
ただこの制度で気を付けないといけないのは、かわいい孫のために多く贈与したいと思ってもその孫が30歳までに使い切っていないと贈与税が課せられることになりますので、どれぐらい必要かよく考慮する必要があります。
資産コンサル課・やまなか(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プ
ランナー/上級相続支援コンサルタント) TEL.093-931-5166
前回は平成27年度の相続税の税制改正について解説いたしました。
今回は贈与税改正のあらましについて触れたいと思います。
相続税は、大幅に増税となりましたが、それに反して贈与税は様々な特例が設けられるなど緩和措置が取られており、贈与をしやすい環境が作られたという印象を受けます。
これは、消費が少ない高齢世代から子育て世代などの本当にお金が必要な世代に財産を移転することで消費が回復し景気も良くなるという狙いもあるようですが、それをうまく活用し相続税対策を取ることをお勧めいたします。
具体的な特例としては「教育資金一括贈与の非課税制度」があり、本年度も継続が決定しました。
制度の概要は直系尊属(両親・祖父母)から30歳未満の子供・孫に対する教育資金が1500万円まで非課税となる制度です。
金融機関で管理することが必須条件になりますが、生前贈与によって相続財産を減らすことができ、相続税額の減少にもつながります。
一定の手続き等は下記をご確認ください。
ただこの制度で気を付けないといけないのは、かわいい孫のために多く贈与したいと思ってもその孫が30歳までに使い切っていないと贈与税が課せられることになりますので、どれぐらい必要かよく考慮する必要があります。



■お問合せ/資産コンサル課:やまなか
(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー/上級相続支援コンサルタント)
TEL.093-931-5166